ひめのブログ
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■中国領事館の件



政府、駐日シリア大使に異例の国外退去要求
[読売 2012.5.30]
http://bit.ly/LN9B6K


中国大使館の1等書記官スパイ疑惑
[産経 2012.5.30]
http://dlvr.it/1f1w8K



シリアも分かるけど中国をまずどうにかしろよ(*´・ω・)



中国しゃれになんない話
http://000hime.blog74.fc2.com/blog-entry-501.html


分かりやすく説明してる動画があったのでご紹介します(・∀・)



上薗益雄の警鐘⑧新潟市民の皆さん知って下さい!中国大使館教育処-3

3101_20120601002757.jpg
http://bit.ly/KHEGav


ざっと書き起こし∀・)ノ゙
注釈はあたしの説明です

↓↓↓

私が知っている限りで、(都内の)中国の大使館関係の建物は7か所です。本当はもっとあるかもしれません、しかしそれは私の認識の範囲を超えているので申し訳ございません。

中国はこのように、何か所にも分けて、何十年の歳月をかけて、この東京都内の工作機関を作り上げています。

ところが今、民主党政権ということで中国は非常に大胆に振る舞い始めました。

麻布にある領事館は150平米くらいですが、新潟の領事館は1万5000平米です。

朝から何回か言っていると思いますが、新潟の領事館予定地に入るものは、第1に領事館。次に教育所、これが入ります。それから第3に人民解放軍の施設、これが間違いなく入ります。そして第4にパーティー会場です。

ですから都内の7か所の施設を案内しているのは、新潟にできるものはこの7か所を複合した施設ができるということを新潟のみなさんに伝えたかったのです。


新潟のみなさん、土地を買われたからといって諦めないでください。建物が建ったからといって諦めないでください。

新潟県民、市民に呼びかけて監視カメラを設置してください。

もし新潟のみなさんが積極的に活動して力がついたのなら、その領事館の前に監視小屋を建ててください。

新潟の領事館は中国の東北??から北朝鮮を抜けて、羅津港を抜け、一直線で新潟に至る、人民解放軍が日本に上陸する最短ルートになります。これは間違いありません。


** 参考

北朝鮮 羅津港
中国からの直行道路60キロが既に完成ずみ。
http://bit.ly/hr7NKI



3102_20120601002756.jpg


一直線で新潟とはこういうこと



3103_20120601002756.jpg


**


日本人はそういった軍事的な知識がこの60年間の平和の時代を安逸にむさぼった結果、軍事的な知識が全く欠落してしまっている。

それから財務省を始め、警察、検察に対するスパイに対する取り組みが全く機能しなくなっています。

これは私の個人的な話ですが、私は3年前に中国核実験シンポジウムを行いました、主催者の1人として参加しました。この中国核実験シンポジウムを妨害した者が3人います。中国の核実験シンポジウムを嫌がって妨害するというのは中国共産党以外にいるでしょうか?中国共産党の指示に基づいて、中国核実験シンポジウムを妨害した3人の実名を公表し、何をやったのか私は公表しました。

その結果、その3名のうちの1人から名誉棄損で訴えられたのです。それから警視庁から取り調べを受けました。警視庁は3年間近くに渡って取り調べた結果、私に何て言ってきたと思いますか?


「上薗さん、何てことをしてくれたんですか?我が国ではまずスパイは無罪、あなたのやったことはスパイに対する名誉棄損で有罪。」


警視庁の警察官はこう言いました。私はその人に


「あんた自分で言っててその言ってる中身がおかしいとは思いませんか?」


と言いましたね。するとその人は、


「私もおかしいとは思うんだけども、日本の法律はそうなっております。」


警察庁に行きました。警察官に言いましたよ。


「日本にスパイ防止法が無いからこういう事が起きるんじゃないですか?どうなっているんですか?と言いました。」


そうすると警察官が言いました。もうサラリーマン根性丸出しで。


「スパイ防止法を作るのは私の仕事じゃありません。そういう事は国会議員に言ってほしい」


と堂々と言いましたね。
これが日本の中枢である、東京地検と警察庁が私に対して行った事です。私は有罪になり、罰金刑30万円を支払わされました。月曜日に30万円を郵便局から支払いました。


中国のスパイを、実名で、やってる事を報告した日本の愛国者は有罪とされ罰金を払わさせられる。これが日本の現状です。

先ほどこの本を示しましたが、一色正春さんが後書きに書いてらっしゃる事がありますので読みたいと思います。


『私がこの対談を通じて改めて思ったのは、日本は他国に頼る事なく自立し、他国との関係では対等であらねばならないという事でした。

しかしそれを阻んでいるのは、他ならない我々日本人自身です。諸外国はそれぞれ自国の利益を第一に考えて行動するのは当たり前なんですから、他国の非難ばかりをしていても始まりません。

いま、日本という国は病んでいます。
長引く不況、震災復興、領土問題、拉致、政治不信、財政難、高齢化社会など問題が山積し、このままではいけない、この状況を変えなければいけないと多くの人が感じているにも関わらず、一向に変わらない現実に絶望感を抱いている人も少なくはないでしょう。

しかし、過去には現在よりももっと悲惨な時代があった筈です。南北朝のように皇室が分かれて争った時代や、100年近く続いた戦国の世などは、今とは比べものにならないくらい人心が乱れ、世の中が混乱していたのではないでしょうか。

やがてそういう時代も終わりを告げましたが、それは、歴史上に名前を残した人たちだけの功績ではありません。その人たちの影には数多くの名もなき人たちの血のにじむような努力がありました。


リーダーにはリーダーの役割があり、その名の元に働く人間にはその役割があり、各自がそれを果たしたから時代が動いたのではないでしょうか。

この事は今の時代にもあてはまると思います。

いつ現れるかもしれないリーダーを待っているだけでは、何も変わりません。誰かがやってくれるのではなく自分がやろうと思うことが大事なのです。

それにしても今の日本人は元気がありません。それは自国の歴史に誇りが持てないからでしょう。あの敗戦で失われた自信は自分自身で取り戻すしかないのです。

日本が正常な国家になるための最大の障害は、我々日本人の心の中にあるのだと自覚しなければならないという事です。

日本という国は世界に類をみない素晴らしい国なのです。その事をむやみに吹聴するのではなく、自覚をもつことこそが大事なのだと私は思います。』


これがこの、田母神さんと一緒に書かれた、一色正春さんの『日本を守りたい、日本人の反撃』こういう本の後書きの文章です。

私はこの本を読んで、誰かのどこかのジャーナリストに頼るのではんく、どこかの有名な大学教授に頼るのではなく、神様が私に与えてくれた使命を私自身が果たす決意をしました。

私の部屋には中国共産党のスパイが何度も出入りしています。この映像を流すことによって、さらに中国共産党は日本人の中の危険人物として私を認識するに違いありません。

私は自分自身のことを忘れて、日本の未来の事を考えて、いまこの映像を撮ってもらっています。

新潟のみなさん、名古屋のみなさん、仙台のみなさん、そして大阪のみなさん、これからやられるであろう広島のみなさん、福岡のみなさん。



日本の未来のために、中国の陰謀を暴き、そして、戦い抜きましょう!日本を本当に日本たらしめる為に戦いぬこうではありませんか。

終わります。


**
書き起こしおわり


日本の中にある中国領事館
http://bit.ly/Am74aR


・新潟の中国領事館
約1万5千㎡の土地取得ずみ
民間が中国共産党へ売却
手引きしたのは外務省、野田政権
新潟中国総領事館問題を考える会
http://www.n-ryouzikan.org/2012_04_01_archive.html


・名古屋の中国領事館
現在賃貸
約1万㎡の国家公務員宿舎跡地(国有地)を欲しがってる
地元住民の猛反発と日本じゅうからの抗議で中断中
河村市長反対声明、
自民党市議団反対意見書提出、
→社民、共産が意見書に賛成せず
http://000hime.blog74.fc2.com/blog-entry-212.html


・東京の中国大使館
南麻布4丁目の国有地5千㎡取得済み
手引きしたのは財務省、菅政権。
http://000hime.blog74.fc2.com/blog-entry-403.html
南麻布の一般宅の郵便ポストに
「日本人は出ていけ、ここは中国同胞の所有物だ」のチラシが入れられる
http://000hime.blog74.fc2.com/blog-entry-421.html


・大阪の中国領事館
1200㎡取得済み


・福岡の中国領事館
5000㎡取得済み


・札幌の中国領事館
5000㎡取得済み


・仙台
東北大農学部跡地に建てたいらしいという噂



地図だとこんなカンジ



3104_20120601002755.jpg

3105_20120601002754.jpg


**

北米在住日本人、
総数422,116人

[外務省統計表 平成20年 http://bit.ly/LIoHKW]


アメリカにある日本大使館と各総領事館



3106_20120601002754.jpg
[在アメリカ合衆国日本国大使館 http://bit.ly/pBJ5Do]



日本在住中国人、
総数460,000人

[産経 http://bit.ly/KIlvNX]


上のアメリカと同縮尺の地図



3107_20120601002818.jpg



なにしにこんな密集する必要があるわけ??


(・∀・)
「人数が多いから大変なんじゃないの?」

(´▽`)
「領事館の仕事は事務作業なので、該当人数が増えてもばか広い場所は必要ないですよ☆」



領事館の業務



0101_20120601015609.jpg
http://bit.ly/LNwUgS


>>自国民の保護、査証の発行、証明書の発行、他国の情報収集、友好親善、国際会議の準備等


自国民の保護っていうのは、パスポート無くした人とか、生活保護が必要になった人とかの面倒をみるってことね。


1万5千㎡の土地へ引っ越す前の中国領事館(新潟)



3108_20120601002817.jpg



左奥の窓枠、ヘタクソな合成してんじゃないよ。
合成してもスカスカだわ。



こちら、名古屋と新潟にある総領事館の比較表です。

↓↓↓

3109_20120601002817.jpg
http://bit.ly/GINhJl


名古屋にある総領事館



・中国
面積 1600㎡
(10000㎡を希望中)
職員数 16
担当該国人数 約88000人

・アメリカ
面積 200㎡
職員数 4
担当該国人数 約3000人

・韓国
面積 800㎡
職員数 19
担当該国人数 約51000人


新潟にある総領事館



・中国
面積 1400㎡
(15000㎡取得ずみ)
職員数 17
担当該国人数 約13000人

・ロシア
面積 200㎡
職員数 5
担当該国人数 約900人

・韓国
面積 400㎡
職員数 5
担当該国人数 約10000人


**

中国だけ、異常だろwww


尖閣ビデオの一色さんも言ってる通り、政治家でも権力者でもないあたしらフツーの一般人は

「情報戦という見えない戦争まっただ中の日本大好き名無しども」

だとおもうんだよね。


PCの前で拡散するだけでも、メール送信するだけでも、どこでどんな風につながって、どんな効果出すかわからないよねっ(*´エ`*)


これとかっ!!
マスコミ全力スルーなのにネットで一気に広まり即対応のカルビー(・∀・)

ネットの力あなどれないw

↓↓↓

ブラマヨの吉田、餓死した人の画像付きツイートに対して「ありがとう、食物連鎖の一番下の人♪頑張れよ、食物連鎖の一番下の人!」
[2012.5.28]
http://awe.sm/5vBmP


【速報】カルビー、サイトからブラマヨのCMを削除wwwwww
[2012.5.30]
http://bit.ly/JNGRrH




とりあえず、新潟の件をご協力おねがいいたします!!



[例文と意見先]

ひのもと情報交差点さまのところにもっと良い例文があります(・∀・)
http://bit.ly/KrLbvq


[意見先]

外務大臣 玄葉光一郎

地元事務所
TEL 0248-72-7990
FAX 0248-72-8179
g01748@shugiin.go.jp

国会事務所
TEL 03-3508-7252
FAX 03-3591-2635


篠田昭新潟市長

秘書課
TEL 025-228-1000
FAX 025-222-0820
http://bit.ly/Hf7kMa
hisho@city.niigata.lg.jp

市役所国際課
TEL 025-226-1673
FAX 025-225-3255  
kokusai@city.niigata.lg.jp


新潟県政へのご意見
http://bit.ly/yNgojE


[例文]

件名
中国政府による新潟市の民有地取得について

本文
新潟市の民有地を中国政府が購入しました。
これは「外国政府の不動産に関する権利の取得に関する政令」第6条第1項、財務大臣の承認という規定に違反していると思われます。
尖閣諸島を自国だとあつかましく主張し、大使館1等書記官が日本で不正を行っているような、ただでさえ警戒しなければならない中国に対し広大な土地を提供するなど、国防上も著しく不利に働くことは誰が見ても明らかです。
中国政府による土地取得そのものが許容できないばかりか、15000平米の広さは領事館の使用目的のために必要な範囲をはるかに超えています。中国側がどれだけ目的を付け足そうと、領事館の業務は事務作業のみであり、他の目的は関係ないという事実は変わりません。使用目的を逸脱していることからも、本件土地売却は決して許されないことです。
中国政府にはっきりと日本国民の意向を伝え、白紙撤回させてくださる様希望いたします。



**//*****//**

関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

だいぶ前からツイッターで拡散拡散ぉ願いが回って来てぃました。
それで新潟市の問題ならば、上の県庁からぉ叱り願えればと思い、新潟県県民相談室に繋がれたケド、新潟市は大きく政令指定都市だから新潟県庁は、関係ないとか言われましたが、
泉田県知事と新潟市長篠田の共謀と後から知りました。多分、売国奴系な民主党や公明党がバックでしょう。
さて消費税消費税とか茶番劇場ですが、元々はマニフェスト違反の砂上の楼閣の議論です。

話は変わりますが
首都圏な神奈川県知事=タレント評論家な黒岩の、診療特区造りを健康保険制度が壊れてしまうと医師会が反対をしています。患者な我々も反対をしよう!
混合診療とは保険が効くと自費診療の2つの ことで自費診療は全部自分負担でカネ持ちなパチンコ経営者とか向けでガッツリ儲けようです。
神奈川県ばかりの問題では有りません。大阪のカジノ橋の下は診療特区をヤりたいと願っています。
神奈川県民や近隣な方々も県庁に反対の意志表示の協力を願います。
尚、新潟市民は気が付いて来てぃるのかが問題です。新潟県の洗脳新聞は知らせず、公共放送も知らせません。犬HKの今は中国支配下です。
【2012/06/03 07:14】 URL | ふきのとう #-[ 編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/06/02 16:46】 | #[ 編集]

情報を制御する者が国を支配する。>国民はネットで世界中からさまざまな情報を得られるようになり>情報公開制度を利用して、国や自治体の情報を入手できるようになった。
>これにより、国民は本物の主権者になりつつある。
>福島の原発事故では、官僚は情報隠しでたたかれ、屈辱を味わった。
>秘密保全法が制定されれば、情報公開法は空文化する。
>官僚は情報公開法以前の状態に戻したいと意図している。
>なんということだ!>再び、情報統制の暗黒時代がやってくるということか。
>官僚の手の平で転がされる民主党政権。>自民党政権に戻っても、状況は同じだ。>行くも地獄、戻るも地獄。>だが、しかし、私たちは立ち上がろう!>やるべきことはやろう!
>秘密保全法が成立すれば、脱原発運動なんか吹き飛んでしまう。
ひめ様の出番です
(*^o^*)
あとパチンコ議員がWebで広がっています。パチンコ議員やTPP議員は日本人の為に働かないタヒすればいいのに!動画が手っ取り早いかも http://www.youtube.com/watch?v=pZWHnKG65Wo&sns=em
【2012/06/02 08:36】 URL | ふきのとう #-[ 編集]

そういえば、中国政府が日本の土地を買う件は、以前にもありましたよね。

作曲家のすぎやまこういち先生がおっしゃられていた件なのですが、南麻布の中国大使館脇の土地を中国政府が購入し、周辺住民に「ここは中国の土地になったから日本人は出て行け」的なビラを投函していた事があったそうです。
本当に非常識な奴らだと思います。

日本の貴重な土地・領土を、シナに渡してはいけない。
私も徹底的に抗議しようと思います。
【2012/06/01 22:57】 URL | パラメキア皇帝 #JalddpaA[ 編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/06/01 22:23】 | #[ 編集]

妨害した3人とは誰の事なのか、わかったら教えてください!

スパイを国が裁かないのであれば、国民が生存権をかけて戦うべきです。
【2012/06/01 11:53】 URL | まー #caA4als6[ 編集]

今度、新潟に単身赴任します。しかも柏崎市。
拉致されないかと不安でしょうがありません。
自分が工作員より強くならなければいけませんね。
【2012/06/01 08:18】 URL | よねまろ #/RBbC.ms[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

ひめ

Author:ひめ
保守が右翼なら右翼でけっこう(´∀`)

いまの幸せをまもりたい。
それだけです(*u_u)


**

コメントやメッセージなどたくさんいただき恐縮です、いつも励みになります。本当にありがとうございます。

情けないことに、次から次へとネタ豊富な現状に私自身、いっぱいいっぱいなところがありまして、まめな返信をすることができません。ご了承ください。

情報などたくさんいただいておりまして、目に留まったものから記事にあげておりますが、お断りなく転載させていただくことがあります。

使われたくない場合はその旨ご書き添えいただけるようおねがいいたします。


グーグルページランク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
162位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
80位
アクセスランキングを見る>>


ツイッター


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


最新トラックバック


map

無料アクセス解析


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。