ひめのブログ
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■TPP阻止しようぜ 3


TPP第一人者、ジェーン・ケルシー教授(ニュージランドオークランド大学)講演会の動画です。

TPPの本質、裏側を分かりやすく説明してくれてました。動画を見る時間を取れないかたが多いとおもいますので、ざっと書き起こし(*´∀`)


TPPの話し合いは去年の3月から始まってて、まだまとまってない状態なんですね。


先日も書いた通り、マスコミがめちゃくちゃな嘘報道しまくり、本人が「そんな事言ってない」って否定してもその否定について大手マスコミは報道すらしない。

ブタが参加を決めたとか煽りまくってるけど。はっきり言って信憑性は低いと思うわ。
反対派が想像以上に大きくなってきて、諦めさせようと必死。

首相が交渉参加表明をするには閣議決定が必須なのに、
どこのメディアもそのこと全力スルーでしょw

亀が大反対してるからブタひとりの考えなんか無意味なのにね。
ばーか。



こういう嘘がどんどんばれてきてるわけで。

↓↓↓

医療自由化求める米国文書概略版
不明記認める
[日本農業新聞 2011.10.29]
http://bit.ly/uaVgtI

TPP内部文書 米「保険も交渉テーマ」
[東京新聞 2011.11.5]
http://bit.ly/rDPes0

参院厚生労働委員会10月27日
http://www.youtube.com/watch?v=MAGEX8sqiUk


**


国民向けTPP資料には「公的医療保険制度は(TPP議論の)対象になっていない」と明記してた。医療機関もそういう説明を受けていた。

でもね。嘘だったわけですよ。
その嘘があたしレベルの一般人にまでばれちゃってるってもうアウトだろwネットをなめちゃいけないw


悪党どもの焦りが、マスコミのやけくそ状態に表れてるように見えてしかたがないんですが( *´艸)


ま、唯一のメリットと言えばこれだわ。

↓↓↓

TPPでまずマスゴミの皆さんの給料が大幅カットです
http://www.nikaidou.com/archives/17672

TPPのおかげでTV局内の空気が最悪です
[U-1速報 2011.10.29]
http://bit.ly/tXplkA


反日活動どっぷりだから気づけないみたいだけど、こういうのもあるんだよ?
毎日まいにちひめのブログ見に来てるマスコミさんら理解できてる??

あんたらのような嘘マスコミ、外国資本の普通なマスコミ入ってきたら瞬殺だよw
韓国韓国やってくれないよw

通名報道なんか真っ先に取っ払われるだろうねぇ。どうすんの?(´・∀・`)



TPPについて前々から話し合いしてる国はアメリカ以外に8カ国。

それぞれが日本と似たような状況らしい。


ネットでいろいろ知った人らが、

「アメリカってどうよ」
「何だそのジャイアン状態(゚ロ゚)」

って感じで反対運動が広がってます。



0701_20111107211900.jpg



ケルシー教授はその反対派の動きを、国境をこえて協力しようよって呼びかけてる人です。

0702_20111107211900.jpg



**

ジェーン・ケルシー教授講演会@仙台 1/2
http://www.ustream.tv/recorded/15944634


ウィキリークスによる情報
・ニュージーランドのTPP交渉官と米国の国務次官補の話→「TPPの交渉8カ国でスタンダードに合意できれば日本を潰すことができる」アメリカ中心の資本経済を、日本を巻き込んで、日本経済を、日本の様々なものを、米国を中心とした資本主義社会が吸収できる。
これがTPPの裏側である。



ケルシーさんの話ここから
丁寧なあいさつもしてみえますが、メインのみ抜粋です。
すみません(*ノノ)



TPPとは何か。この交渉に関わっている当事者たちは、通常の自由貿易協定とは一線を画しているということを強調しています

21世紀型の協定であるという事がとくに強調されています、21世紀には様々な問題があります、内容が明らかでない課題もあります。その答えのひとつとしてTPPというアプローチがある

交渉官たちによりますと、今までにあった自由貿易協定やなどと比べると、国境の中に飛び込む。従来の枠組みを越えたものになるという事が強調されています

国境の枠組みを越えるというのはつまり、過去の貿易協定などでカバーされていない政策、規定に関して政府が決定できる選択肢を狭めることになります

公衆衛生制度、日本郵政、食糧安全保障などに対する影響を説明します



現在、オーストラリア、ブルネイ、チリ、マレーシア、ニュージランド、ペルー、シンガポール、アメリカ、ベトナムの9か国が交渉に参加しているとなっています、APECの加盟国です。でも、アメリカ1か国だけ突出している

アメリカは9か国の中で最大の経済大国であるのみならず、政治的影響力ももっています

TPPの協定の中身は、すべてアメリカ議会によって承認されなければならない。(アメリカ)国民の利益に反するようなものは決してアメリカの議会で承認されることはありません

日本、ニュージーランドがこのTPPの交渉に関わる際には、今までの経緯を理解する必要性があります

既存のTPP協定というのは存在していない、これは新しい特徴をたくさん持つ新しい協定です

ですが、アメリカが既にその他のTPP交渉国と取り付けた協定、既存のFTAに大きく影響を受けることになります

1999年に多国間で協定を結ぼうとしたが失敗した、その反省をもとに、少しづつの国で結んでいこうということになった。まずニュージーランドとシンガポールが協定を結んだ。それにチリ、ブルネイが参加した

でもこの協定は投資、金融サービスを除外していた。この分野は数年後に話し合おうということになっていた


当時のアメリカ大統領は、投資と金融サービスだけなら交渉に参加したいと表明した。その後、協定全体に参加すると言い出した

その後、オーストラリア、ペルー、ベトナムも参加。それなら新しい協定に考え直そうという事になった


オバマ政権が誕生し、やっぱりアメリカも参加することになった。その後7回、交渉会合が行われ、マレーシアも加わった


次にTPPの目的。TPPは今までの貿易協定とは全く違っている。参加する国々はそれぞれがFTA、自由貿易を既に始めていて国境の関税もおおむね撤廃、もしくは低く設定されています


たとえばアメリカはペルー、オーストラリア、チリ、シンガポールとすでにFTAを締結している。オーストラリアとニュージーランドはASEANと自由貿易協定を結んでいます。

つまりこのグループの中には撤廃しなければならない貿易ルールなど既に無かったことになります。残っている障壁は殆どアメリカ側にあるものばかり


アメリカ側の保護措置を撤廃させるような内容については、アメリカ議会の承認を通さなければならないから不可能

TPPが今までのような自由貿易協定みたいなものなら、商業的な見返りは期待できない

商業的な意味合いよりも投資協定としての意味合いがとても強い。TPP加盟国に投資している投資家は、権利を国際的な裁判所に訴え主張することができるからです(※1ISD条項のこと)

また政府に対して企業が強く求めているのは、ビジネスがよりやりやすい環境を確立する為に、既存の政策や規制については撤廃、あるいは緩和するということです

しかし、いまある政策や規制というのは、それぞれ社会的な必要性、環境的な必要性、食糧の安全保障のために導入されているわけです。

TPPの交渉の中で、企業が利益の為に求めることと、政府が国益のためにやっていることを対立させてしまうことになる

当初の商業的見返りとうのはそれほど大きくないと思われますが、いずれはAPEC全体に拡大しようという構想がある。その中には中国、インド、韓国、日本も含まれることになります

今までもこういう構想はありました。でもAPECなどへ向けた協定は却下されています。これからアメリカのひな形で作られたアジア太平洋地域における自由貿易圏の構想というのは、他の国が受け入れてくれるかどうか分からない

アメリカのヒラリー国務長官は、アジア太平洋地域が中国をけん制するためのTPPと主張しています(※2)


作業グループとしていかに広い分野を網羅しているかということが分かっていただけるとおもいます


**

※1ISD条項についてこちら
■TPP 絶対に阻止しようね(´艸`)
http://000hime.blog74.fc2.com/blog-entry-484.html
http://ameblo.jp/000hime/entry-11066120709.html

※2ヒラリー国務長官は中国が買収ずみなことは有名w



遅すぎるとかwww



TPP:交渉参加判断「今でも遅すぎる」
…枝野経産相
[毎日 2011.11.5]

0703_20111107211900.jpg
http://bit.ly/vRIq3x


「アジア、太平洋の経済連携に日本の意思をどう影響させていくかを考えたら、今でも遅すぎる状況だ」

経産相は、APEC首脳会議での参加表明への自民党の反対に
「目先の政局問題で判断する小さな話ではない」

「『守り』の農政を何十年もやった結果、競争力をつけられなかった」と従来の農業政策を批判、輸出産業化を急ぐべきだと訴えた。


**

もう笑っちゃうでしょwww
日本以外の国は何年も前から話し合ってるのに突然入って行って、何を反映させてもらうの??


1167万人の反対署名ってものすごい数なんだよ?
7割の地方議会が反対決議、衆参議員の過半数がJAの請願紹介に署名。

なのにTPP参加を強行しようとしてるブタ内閣。こんな時の為の不信任案だろ。政局にして当然だわ。


悪党どものいつもの切り札
「このままでは日本はだめなんだ!!!」
「日本だけ乗り遅れる!!」


長く続いた自民党政権のおかげで、島国日本のGDPは世界2位。゜+.(´▽`)。+.゜+・


世界の経済統計情報サイトより



0704_20111107211900.jpg
http://ecodb.net/
☆中国のGDPが嘘っていうのは世界共通認識なので無視ですw



GDP(国内総生産)
⇒日本の領土内でどれだけ付加価値が生産されたかを表す統計数値


海外に出てってる日本企業のぶんは入ってないからね。
トヨタがアメリカ工場で生産したぶんとかは除外。それで世界2位なんだよ?

TPPなんか参加しなくても、なーんにも困りませんので(*´∀`)人(´∀`*)



**

先述のとおり、いま大事なのは閣議決定で阻止することです。

文章はご自身で作成していただいてもいいですし、
「TPPの参加交渉に反対です!」でもOK!!

重要なのは抗議文の中身よりも、「反対意見の件数」です。

下記、例文のコピペでかまいませんので、
反対意見の数を増やすことにご協力をおねがいいたします(*-ω人)


抗議先リストとテンプレ用例文はこちら



■TPP阻止しようぜ 2
http://000hime.blog74.fc2.com/blog-entry-485.html
http://ameblo.jp/000hime/entry-11068349537.html



**//*****//**

関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

阻止しようぜ
毎日反対メール送るぜ!
【2011/11/08 00:49】 URL | TAKEn #-[ 編集]

TPP内部文書 米「保険も交渉テーマ」 議会関係者http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2011110502000025.html 
>米政府は簡保などと同様、残留農薬といった食品安全基準、電気通信、法曹、医療、教育、公共事業などでも日本の過剰な規制を指摘している。

教育が入っているという事は、教科書に干渉するという事???

韓流研究室さんより転記しました。
米FDA、韓国産冷凍カキを食中毒警告!日本は大丈夫?
http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-1492.html
最新記事
韓国焼酎、煙草の吸殻・ごま油・埃入りで話題に!

PICK UP 2ちゃんねるTKA3-TERRさんより転記しました。
厚労省が9月にロックフェラー系の企業のモンサント社の遺伝子組み換え作物とこの会社の食品添加物計167品目を承認してしまった
http://terr-tka3.blogspot.com/2011/11/9167.html

厚労省 遺伝子組換え食品(http://www.mhlw.go.jp/topics/idenshi/ ) 
1.遺伝子組換え食品及び添加物の安全性審査状況
• 安全性審査が終了した遺伝子組換え食品及び添加物リスト
【平成23年9月6日現在版:PDF:408KB】
• 安全性審査継続中の遺伝子組換え食品及び添加物リスト
【平成23年9月6日現在版:PDF:227KB】

官報掲載日を、見ると2001年からありますが、そんな前から食べていたということ?すごくショックです。今、食べている大豆・ジャガイモ・とうもろこしと、なたね(油?)・てんさい(砂糖?)は遺伝子組換えということ?そんな事、袋とかに書いてなかったけど・・・
【2011/11/07 23:40】 URL | すずめ #-[ 編集]

ブログ拝見しました。

詳しく大変ためになります。

TPPについて討論したいと思い討論サイトを作りました!

http://debatezone.web.fc2.com/

↑ぜひ来てください
【2011/11/07 21:56】 URL | masamasa #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

ひめ

Author:ひめ
保守が右翼なら右翼でけっこう(´∀`)

いまの幸せをまもりたい。
それだけです(*u_u)


**

コメントやメッセージなどたくさんいただき恐縮です、いつも励みになります。本当にありがとうございます。

情けないことに、次から次へとネタ豊富な現状に私自身、いっぱいいっぱいなところがありまして、まめな返信をすることができません。ご了承ください。

情報などたくさんいただいておりまして、目に留まったものから記事にあげておりますが、お断りなく転載させていただくことがあります。

使われたくない場合はその旨ご書き添えいただけるようおねがいいたします。


グーグルページランク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
52位
アクセスランキングを見る>>


ツイッター


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


最新トラックバック


map

無料アクセス解析


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。