ひめのブログ
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■国会改正法‥詳細

http://www.youtube.com/watch?v=a9GARh_YHxU






以下書き起こし



売国法案作り放題!




【国会法改正案】

日本を独裁国家に!

民主・社民了承



拡散希望!


「国会法改正案」は、売国法案を全て通過させる法案で、国会を民主党の都合の良い形に変えてしまい、国会から法の番人を排除し日本を独裁国家にする法案なのです。



国民が知らない反日の実態

- 国会法改正案の正体

http://www37.atwiki.jp/kokkaihou/





憲法違反を認定する内閣法制局長官や専門家の官僚を排除し、自分たちの都合の良い人材を配置して好き勝手に法案を作る事が出来ます。





(1)

国会で答弁する政府特別補佐人から法制局長官を除く



民主党は憲法違反の法案をこれからどんどん成立させるぞという事です。



憲法違反の外国人参政権法案、人権侵害救済法案、選択制夫婦別姓法案、外国人住民基本法、など民主党が「合憲」と認めるとそのまま法案が通ってしまうのです。





(2)

副大臣、政務官の定数を増やす



これは、自分たちの内閣の方針に従うイエスマンを増やすということです。





(3)政府参考人制度の廃止



政府参考人 とは「法令の解釈等を説明をする役人」であり、



政治資金規正法の説明は「総務省自治行政局選挙部長」が行い、

脱税等の捜査に関しては「法務省刑事局長」が説明をし

贈与税等国税に関しては「国税庁次長」が説明をし

皇室の件に関しては「宮内庁次長」が説明をし

その他の予算の件は「各省庁の局長」が説明行ってきました。



ずぶの素人の政治家の勝手な法解釈で、国会が仕切られるようになります。



ただでさえ無能の集団である民主党です。



財務大臣の菅直人が自民党議員の質問の意味すら理解できず財政の責任者たる能力が全くない経済ド素人だった事を自ら証明してくれたあの茶番劇。



今後はあらゆる方面で、それに拍車を掛けた茶番劇を国会という「国権の最高機関」で見せつけるつもりなのでしょうか?





(4)

行政機関の職員や学識経験者らからの意見聴取会の開催



これは民主党の支持母体である日教組・労働組合・マスコミ・その他の各種左翼団体の意見を国政に反映させる事を意味します。



この法案は全て小沢の小沢による小沢のための政治実現に他なりません。



もはや、外国人参政権や人権侵害救済法案に、国民がいかに反対しようと憲法違反であろうと、もはや何の歯止めにもなりません。



憲法の解釈も全て、民主党が好きなように解釈でき、それが通ることになります。





こんな法案は絶対に潰さなければなりません。



自分の選挙区の議員に要請書を送信(FAXもしくは手紙)してください。



出来るだけ目立つ郵送方法。大きな封筒や目立つ色の封筒を使うと効果大です。

後地元の消印が印刷される郵便はとても有効です。



要望書には必ず同選挙区の有権者であることを必ず記載してください



比例選出議員には反対しないなら比例で投票しないと記述してください



期間をおいて複数枚送信してください



この方法はかなりのゴリゴリ推進派議員にも効果があります

是非夫婦別姓や人権擁護法案などの他の売国法案にもご活用ください



住所氏名年齢は匿名「奈良県奈良市 主婦 53歳」までで結構です。



議員には選挙区を持たない純粋な比例選出議員がいます

これは誰でも結構ですので衆参両院の純粋比例全員に一斉に反対にまわるよう送信してください



「反対に回らないなら比例で投票しない」と記述してください



国籍法改正の時ですが本来知るべき議員の殆どは知らなかったそうです



弁護士の稲田議員ですら09年10月まで外国人住民基本法は知らなかったそうです

今やネットをやってる皆様の方が詳しい分野もあるのです。



この時の二の舞にならないよう国民新党全員に

この法案の存在を知らせて法案の阻止と議員間での周知をお願いしてください





※FAXでお願いします










**//*****//*****//*****//*****//**


関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

ひめ

Author:ひめ
保守が右翼なら右翼でけっこう(´∀`)

いまの幸せをまもりたい。
それだけです(*u_u)


**

コメントやメッセージなどたくさんいただき恐縮です、いつも励みになります。本当にありがとうございます。

情けないことに、次から次へとネタ豊富な現状に私自身、いっぱいいっぱいなところがありまして、まめな返信をすることができません。ご了承ください。

情報などたくさんいただいておりまして、目に留まったものから記事にあげておりますが、お断りなく転載させていただくことがあります。

使われたくない場合はその旨ご書き添えいただけるようおねがいいたします。


グーグルページランク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
61位
アクセスランキングを見る>>


ツイッター


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


最新トラックバック


map

無料アクセス解析


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。