ひめのブログ
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


□資料□地方の各条例 意見受付中の自治体 2.14



ご自身の都道府県をご確認ください(*u u)

さいごに[意見例]を挙げてます、コピペで大丈夫ですので送信のご協力をおねがいいたします(>人<)





地方自治体 各種条例など進行状況 2.14
http://bit.ly/gLpqek

意見受付け終了の自治体 2.14
http://bit.ly/euvemd


**



各種条例について
意見受け付け中の自治体・締切り日順



2月14日
 福岡県 筑後市
 石川県☆
2月17日
 兵庫県
2月20日
 長野県
2月21日
 愛媛県 松山市
 東京都 練馬区☆
 石川県 白山市☆
 大阪府 茨木市☆
2月22日
 長崎県 佐世保市
 愛知県 名古屋市
2月24日
 愛媛県
 兵庫県☆
2月26日
 北海道 中札内村☆
2月28日
 愛知県
2月末まで
 広島県 広島市署名受付


**


意見を募集しています。

例えばHPやら広報やらで告知して、パブリックコメントを受付してみた上田市。
http://bit.ly/gUR0Uz



意見7件。
それも4人。(゚ロ゚)


これで「広く意見を聞いた」なんてされたらたまったもんじゃない。

推進してるあほたれには分からないようですので、
「ココが反対」という反対意見をたくさん届けてあげるよう、ご協力をおねがいいたします(*ノノ)


*[意見例]があるので、私の文章で良ければコピペ送信でOKです!!

*電話は意見数に数えられません。
(プレッシャーをかけるという利点はあるとおもいます・∀・)



【2月14日】

■福岡県 筑後市

[協働のまちづくり基本条例]
http://bit.ly/gK91LM
素案pdf
http://bit.ly/dMBoGu

[意見先]
地域支援課地域づくり支援係
〒833-8601
TEL 0942-53-4111
FAX 0942-53-4216
chiikisien@city.chikugo.lg.jp

[注意]
住所・氏名 記載
以下についても記載してください
1市内居住者 特になし
2市内勤務者 勤務先の所在地と名称
3市内通学者 在学する学校の所在地と名称
4市内に事務所などを持っている者 事務所などの所在地と名称
5利害関係者 計画に対し利害関係を有すると判断する事項



■石川県

[男女共同参画プラン]
http://bit.ly/fq4bS8
素案pdf
http://bit.ly/gvDwbY

[意見先]
県民文化局 男女共同参画課
石川県金沢市鞍月1丁目1番地
TEL 076-225-1376
FAX 076-225-1374
danjo@pref.ishikawa.lg.jp

[注意]
住所 名前を記載

[意見例]

私たち一般市民は、「男女の地位が平等になっていない」などと思ったこともないし、「無意識のうちに身に付いてしまった性別による役割分担」なんてひねくれた感情はもっていません。「男は男らしく、女は女らしく」で何がいけないのかさっぱり理解できない。個人的な価値観の問題であり、それもごく少数派のひねくれた人たちの思想を自治体から押し付けられるのは甚だ迷惑です。そんな環境で子育てなんかしたくありません。娘は娘らしく女らしく育てたい、男の子は男らしく育てたい、それのどこが不都合ですか?現在でも指導的地位に就いている女性は存在し、本人が望み、能力が伴っていればそれをさまたげる物はありません。義務的に女性の指導的地位を確保するようなことは、「女性は能力がないから強制してあげなくてはいけない」という意味合いも感じられ、逆差別になっていると思います。このようなプランはまったく必要ない。
また4ページで、外国人との共生も謳っていますね。とんでもない。次の文章を付け加えておきました。
4ページの「国際化の進展」のところで、外国人との共生を謳っていますが、こんなことがあり得ないどころか、むしろ危険なのがわかりませんか。
最近もイギリスのキャメロン首相は多文化共生は失敗だと演説で述べました。それはドイツの首相が以前同じことを述べたのと軌を一にしています。以下のBBCのニュースをご覧ください。
http://www.bbc.co.uk/news/uk-politics-12415597
そもそもどうしてユーゴスラビアで内戦が起き、崩壊して、今でもコソボでもめているのか、どうしてチェコスロバキアが分裂したのか、ソ連の崩壊でどうして中央アジアが分離したのか、を考えてください。バルカン半島は、歴史的にいろいろな民族がモザイク状に入り組んでいたので、民族間の紛争が絶えず、ヨーロッパの火薬庫と言われていました。第一次世界大戦も民族紛争が原因でオーストラリアの皇太子が暗殺されたことから始まったのです。
わが国でもロスアンゼルス暴動が起きる直前のバブル経済の頃、労働力不足で倒産する会社があふれたので、新聞各紙は移民導入を主張していました。しかし担当の官僚は、「ヨーロッパを反面教師にする」といって反対していたのです。ロスアンゼルス暴動が起きて、移民の話は完全に消えました。
このように多文化共生が不可能なのは歴史が証明しています。逆にその種のイデオロギーで不満を抑え込めばより過激な形で爆発します。ちょうどユーゴスラビアのように。
ドイツの放送局の作った番組
http://www.youtube.com/watch?v=O9HQI3MevvI&feature=related
オランダの悲劇-多文化共生がもたらしたもの
http://www.youtube.com/watch?v=r_RfSzawKUQ&feature=related
で少しは勉強してください。



【2月17日】

■兵庫県

[参画と協働の推進方策]
http://bit.ly/fw31OP
概要
http://bit.ly/fxQB8H

[意見先]
兵庫県企画県民部 県民文化局
地域協働課 参画協働係
〒650-8567
TEL 078-362-4015
FAX 078-366-0167
chiikikyodo@pref.hyogo.lg.jp

[注意]
住所.氏名.電話番号を記載



【2月20日】

■長野県

[男女共同参画計画]
http://bit.ly/eNXs1Z

[意見先]
長野県企画部人権 男女共同参画課
〒380-8570
TEL 026-235-7102
FAX 026-235-7389
jinken-danjo@pref.nagano.lg.jp

[意見例]

私たち一般市民は、「男女の地位が平等になっていない」などと思ったこともないし、「無意識のうちに身に付いてしまった性別による役割分担」なんてひねくれた感情はもっていません。「男は男らしく、女は女らしく」で何がいけないのかさっぱり理解できない。個人的な価値観の問題であり、それもごく少数派のひねくれた人たちの思想を自治体から押し付けられるのは甚だ迷惑です。そんな環境で子育てなんかしたくありません。娘は娘らしく女らしく育てたい、男の子は男らしく育てたい、それのどこが不都合ですか?現在でも指導的地位に就いている女性は存在し、本人が望み、能力が伴っていればそれをさまたげる物はありません。義務的に女性の指導的地位を確保するようなことは、「女性は能力がないから強制してあげなくてはいけない」という意味合いも感じられ、逆差別になっていると思います。このようなプランはまったく必要ない。




** 意見例 **


兵庫県
[参画と協働の推進方策]
福岡県 筑後市
[協働のまちづくり基本条例]

↓↓↓

素案では多様な主体が協働して地域づくりを行うと書いてありますが、これは実質的な直接民主制ではないでしょうか。
しかし直接民主制は憲法に定められた代表民主制の原則に反するものであり、憲法や法律で認められた範囲を超えて自治体が定めることは憲法違反です。この指針が憲法に違反しないためには、県民などの主体が政策の形成過程に介入しないことを明確に定めなければいけません。
さらに、多様な主体の範囲が不明確です。この中には県外の住民や外国人、さらには外国籍企業も含まれると思われます。
しかし、もし県の政策の形成過程にこれらの主体を介入させてしまえば、県民の利益はもちろん、国民の利益までもが侵害される恐れがあります。この指針に含まれる多様な主体の範囲は県民なのか、県外の者や外国人、外国籍企業も含まれるのか、そして県の政策にどこまで関われるのかということを明確にする必要があります。
また情報公開についても定めていますが、県外の者や日本国籍を持たない者にまで情報公開をすることは危機管理上好ましいことではありません。情報公開する情報の範囲や情報共有する対象の範囲を適正なものに限定しなければいけません。
以上の点に留意して、憲法と矛盾することなく、また県民や国民の利益が最大限守られることが十分に保障された計画を立てることをお願い致します。





**//*****//**
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

ひめさん、こんばんは。
JAがTPPの反対署名を集めているようです。
http://www.zenchu-ja.or.jp/tpp/index.html
【2011/02/14 23:54】 URL | 日本のたぬき #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

ひめ

Author:ひめ
保守が右翼なら右翼でけっこう(´∀`)

いまの幸せをまもりたい。
それだけです(*u_u)


**

コメントやメッセージなどたくさんいただき恐縮です、いつも励みになります。本当にありがとうございます。

情けないことに、次から次へとネタ豊富な現状に私自身、いっぱいいっぱいなところがありまして、まめな返信をすることができません。ご了承ください。

情報などたくさんいただいておりまして、目に留まったものから記事にあげておりますが、お断りなく転載させていただくことがあります。

使われたくない場合はその旨ご書き添えいただけるようおねがいいたします。


グーグルページランク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
140位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
67位
アクセスランキングを見る>>


ツイッター


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


最新トラックバック


map

無料アクセス解析


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。