ひめのブログ
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


□拡散おねがい□地方自治条例 パブリックコメント受け付け中のところ 1.25更新



あちこちの地方でいろいろなことが起きてます。


*どんどん追加中(・∀・)

*少しづつ状況が変わってきていたりするので、転載していただけているかたは時々確認おねがいします。



ご自身の都道府県をご確認ください(*u u)




地方自治体 各種条例など進行状況 1.25更新
http://bit.ly/fR3NHx


**


意見受付け終了、議決待ちの自治体 1.25更新
http://bit.ly/euvemd


**



各種条例について
意見受け付け中の自治体・締切り日順



1月25日
 北海道 別海町
 岐阜県 可児市
 長野県 駒ヶ根市
1月27日
 北海道 美幌町
1月31日
 新潟県 五泉市
 愛知県 豊川市
 兵庫県 明石市
 福岡県 みやこ町
2月4日
 福岡県
2月22日
 長崎県 佐世保市
2月末まで
 広島県 広島市署名受付


**


【1月25日】


■北海道 別海町

[自治基本条例]
hp
http://bit.ly/gtV5K9
pdf
http://bit.ly/h5et1b


「町民」町内に居住する人、通勤又は通学する人。
「住民」町内に住所を有する人。
まちづくりは町民参加を基本。町行政の各分野の計画や実施について町民が参加。
「住民投票参加の資格はそれぞれの事案に応じ、別の条例で定める」

☆外国人の政治参加を認めています。


[提出できる人]
町内に居住する方
町内に通勤又は通学する方
町内で事業を営む法人又は活動する団体

[意見先]
別海町総合政策課
TEL 0153-75-2111
FAX 0153-75-0371
sougouseisaku@betsukai.jp

[注意]
住所、氏名、電話番号を記載
「◎条について~」と箇条書き

[北海道別海町 意見例]

第3条①②定義と、第5条について。
「町民」に政治参加をさせるのなら、国籍条項を付けるべき。外国人に政治参加をさせることは憲法違反を問われます。
第16条住民投票②「住民投票に参加できる者の資格はそれぞれの事案に応じ」
⇒「住民投票に参加できる者は選挙権を有する者に限る。




■岐阜県 可児市

[多文化共生推進計画]
hp
http://bit.ly/hP5eEJ
pdf
http://bit.ly/eJ0UGF


・国籍や民族などの異なる人々が、互いの文化的ちがいを認め合い、共に生きていくことができる多文化共生社会の実現

・学校教育を通じた多文化共生教育の推進

[意見先]
matidukuri@city.kani.lg.jp
FAX 0574-62-1376

[意見例]

外国人が増えた理由だとか、増えた現状だとか並べてありますが、肝心の「外国人犯罪率」を載せていないのはどういった理由があるのでしょうか?都合が悪い資料は見ないことにして「外国人と仲良くしろ」「外国人を差別するな」「国際化だからいろいろな国の文化を受け入れろ」全く、話がおかしい。まず、外国人が日本に住みたいのなら、日本の文化、習慣を受け入れるべきであり、どうして私たち日本人が他国の文化を強制させられなければならないのか。この条例の根本が疑問です。こんなもの日本人が望んでいるのか。日本は日本人が住む国です、何か間違っていますか?外国人にはそれぞれ祖国があるのですから祖国の文化はどうぞ祖国で大事にしていただければ結構です。こんなばかげた計画は即刻中止を求めます。

外国人犯罪率については警察白書を隅々まで読んでください。
無知不勉強の人間が自治体の条例を作ろうとするなどやめてください。市民の平和な生活も守れないような人間が役所の仕事に携わろうとするな。多文化共生に成功した国がどこか1つでもあるのですか?

ここに、『外国人は日本人より犯罪率が高い』と明記されていますので、ご確認ください。

平成18年警察白書
http://bit.ly/fbUr9b
平成15年警察白書
http://bit.ly/f6Tx5q




■長野県 駒ヶ根市

[多文化共生のまちづくり推進プラン]
hp
http://bit.ly/fCed8w
pdf
http://bit.ly/gvnEKw


[意見先]
企画財政課 情報推進係
TEL 0265-83-2111
FAX 0265-83-4348
kizai@city.komagane.nagano.jp

[注意]
案件名、住所、氏名、電話番号を記載
項目ごとに問題点を記入

[意見例]

第1章 多文化共生…国籍や民族などの異なる人々が、互いの文化的差異を認め合い、対等な関係を築こうとしながら、地域社会の構成員として共に生きていくこと。
→「郷に入れば郷に従う」のが当然であり、日本人が日本で暮らしているのに、頼んでもいないのに入ってきた外国人の文化を認めて対等な受け入れを強制させられる理由がない。
2 当市が多文化共生を推進する意義
→市が勝手に外国籍住民を受け入れてるのだから勝手にしてください。
。外国籍市民にとって住みやすいまちづくりは、日本国籍市民にとっても住みやすいまちづくりを意味します
→駒ヶ根市で万博会場みたいな事をする必要はない。

第2章 外国籍住民比率は更に高まることが予想されています。
→そうならないよう、規制をするべき。

すべてにおいて言えることですが、どうして日本に住んでいる外国人を優遇する必要があるのか。どうして我々日本人が日本で生活するのに、外国人に遠慮する必要があるのか。

こんなプランはどこの誰の要望なのか甚だ疑問です。即刻中止を求めます。




【1月27日】


■北海道 美幌町

[自治基本条例]

hp
http://bit.ly/hiEugR
pdf
http://bit.ly/e906AT


「町民」町内に住所を有する人、町内で働き又は学ぶ人及び事業活動その他の活動を営む人又は法人若しくは団体
町民は、町政に参加
「住民投票」住民(町内に住所を有する者(外国人を含みます))が実施。
住民投票は、住民が町政に参加する究極の仕組み


[意見先]
総務部政策財務グループ政策
〒092-8650
網走郡美幌町字東2条北2-25
TEL 0152-73-1111     
FAX 0152-72-4869
seizai@town.bihoro.hokkaido.jp

[注意]
住所、氏名、電話番号を記載

[北海道美幌町 意見例]

外国人参政権は明らかに憲法違反であり、違法行為を実行するなら、一市民として告訴します!
ーーー
平成7年2月28日
定住外国人地方選挙権控訴の上告審判決(最高裁判決)
―――
第93条2項にいう「住民」とは、地方公共団体の区域内に住所を有する
日本国民を意味するものと解するのが相当であり、
右規定は、我が国に在留する外国人に対して、地方公共団体の長、
その議会の議員等の選挙の権利を保障したものということはできない。




**




毎日まいにちほんとごめんなさい(*ノノ)

今まで生きてきて、こんな毎晩おねがいするのって初めてです(ノд`)



よろしくおねがいいたします(*ノノ)






**//*****//**



関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

こんばんは。

新潟の中国総領事館の移転問題の件です。

もうご存じかもしれませんが、篠田市長が新年懇談会で「反対派が静かになった。説明会を開催する。売却ではなく賃貸にして容認をさせよう。場所はあくまで万代小学校の跡地5000坪。それが中国様の「ご意向」だ。さっさと済ませよう。」という主旨の発言をしたとのことです。

ここのところ、私も自治基本条例の抗議の方に気をとられていましたが、こちらも抗議を続けないととんでもないことになりそうです。
【2011/01/26 20:12】 URL | 日本のたぬき #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

ひめ

Author:ひめ
保守が右翼なら右翼でけっこう(´∀`)

いまの幸せをまもりたい。
それだけです(*u_u)


**

コメントやメッセージなどたくさんいただき恐縮です、いつも励みになります。本当にありがとうございます。

情けないことに、次から次へとネタ豊富な現状に私自身、いっぱいいっぱいなところがありまして、まめな返信をすることができません。ご了承ください。

情報などたくさんいただいておりまして、目に留まったものから記事にあげておりますが、お断りなく転載させていただくことがあります。

使われたくない場合はその旨ご書き添えいただけるようおねがいいたします。


グーグルページランク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
174位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
80位
アクセスランキングを見る>>


ツイッター


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


最新トラックバック


map

無料アクセス解析


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。