ひめのブログ
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■在名古屋 中国領事館拡張移転 反対集会


やっとwikiに載った!!!


「名古屋中国総領事館の国家公務員宿舎跡地移転問題」
http://bit.ly/g0lnwC

「新潟中国総領事館の万代小学校跡地移転問題」
http://bit.ly/el43Xb



2201


どなたが掲載してくださったか分かりませうが、ありがとうございました!!


超分かりやすく説明してあるのですが。
初耳なことが・・・


**


名古屋市は反対しているが、国有地を所管する財務省の野田佳彦財務大臣が了承を出すに至っている。

外務省側で本件を担当する伴野豊外務副大臣は現在のところ取材には答えていないため問題の解決が図られるかは明らかにされていない。


河村たかし名古屋市長、反対を表明。


[出典]

週刊新潮 2010.12.16
「今度は国有地、名古屋に中国の魔手」


**


2010年12月19日、1万人の反対署名が提出されるなどしたために東海財務局が審査を無期限延期としたことが明らかにされる。

[出典]

産経新聞 2010.12.19


**



週間新潮持ってるのに‥ちゃんと読んでなかった((゚Д゚ll))
おかしいなぁ。ねむたかったのかなorz



そして再度、週間新潮より☆



元財務大臣政務官
(民主党議員 愛知選出 古本伸一郎)

↓↓↓

*河村市長とはたくさん話し合いをした。
*河村市長は売却に否定的。
*中国側に「市の都市計画課、議会、地域の区長らの了承を取り付けるよう」要請
*→中国側からは「クリアした」と報告があった。
*野田佳彦財務大臣は売却に了承した。



-尖閣事件-
(9月24日に船長釈放)



河村たかし名古屋市長、反対を表明

↓↓↓

*民主党に土地売却の凍結を申し入れ。

「国有地払い下げの権限は国にあるんです。土地利用計画の決定権は地方自治体にありますが、国がどうしても売るといったら、最後まで反対出来んでしょう。市の一等地を中国に渡すなど市民県民は許しませんよ。慎重のうえにも慎重にしてほしいと、民主党に申し入れ、凍結してもらいました。」




財務大臣政務官
(民主党議員 福島選出 吉田泉)

↓↓↓

*内閣改造で古本の後任。
*「土地売却は凍結すべき」という引き継ぎを受けた。
*9月27日の会議で「当面見合わせる」と、野田大臣に報告。



財務省東海財務局、国有財産調整官

*凍結はされていない。
*審査中でいつ結論がでるか分からない。



領土議連事務局長
(民主党 松原仁)

*慎重であるべき。


**


産経の記事は間違いということなので、
【東海財務局が審査を無期限延期とした】は間違い。



自民党名古屋市議団は、反対の決議案を出しているので、

【中国側に「市の都市計画課、議会、地域の区長らの了承を取り付けるよう」要請
*→中国側からは「クリアした」と報告があった】

この中国側のクリアはウソ。



東海財務局が勝手なことしてるようですね。



[東海財務局]

〒460-8521
名古屋市中区三の丸3-3-1

TEL:052-951-1772
FAX:052-951-0194
kouhou@mof-tokai.go.jp


**


21日(火曜)の反対集会の模様がアップされていたのでご紹介させていただきます(´∀`)

残念ながら私は愛知県と関わりがないため、地元のかたたちの様子が気になってました(ノд`)



【60人が定員の集会場が満員だった】

とのことヾ(´∀`)ノ



呼びかけや拡散のご協力をしてくださったみなさま、
平日の夜、わざわざ足を運んでいただけたみなさま、


本当に、ありがとうございました(*u u)ペコリー


『草莽の記』より
http://plaza.rakuten.co.jp/seimeisugita/diary/201012210000/


今日は念願の名古屋における領事館反対団体の結成集会に参加した。私の車で4名が参加。付き合いのある業者も会場に来てくれていた。何人参加してくださるかと心配であったが60人の集会場は満杯であった。テレビ局も2社。マスコミも読売など数社が来ていた。


定刻の7時より集会開催に至るまでの説明と領事館ができることによるディメリットの説明がなされた。資料は櫻井よしこ女史の週刊新潮、「今度は国有地。名古屋に中国の魔手」を使っての説明。その中核は、


1、名古屋の中心部に広大な治外法権の地ができていいのか

2、地域や議員に対しての「合意形成のうそ」について。名古屋自民市議団の反対決議案とほぼ全員の反対署名と民主の反対意見書への合意を根拠に提示。また、市の関係部局への聞き取りにより地域での合意などほとんどなされていない現実も紹介

3、さらに建物取得税、固定資産税も入らないのみか、警備費用の税負担義務など膨大な経費がかかることなどについて


質疑応答時には、中華街現出による外国人犯罪の増加の実際等、リスク増加の指摘が参加者からなされたり、以前の長野聖火リレー時の中国人の暴行や傍若無人の振る舞いについての紹介など、参加者は領事館への売却に対して大いなる不安の声が出された。

都市再生プロジェクトの放棄に対する疑義もおおくの人により出された。


ついで運動の方針提起が成され、財務局への抗議行動や都市再生プロジェクト推進要請、政府への抗議、財務局及び審議委員への反対要、市長へ売却反対表明要請、全市議県議へのアンケートと要請、反対署名の獲得などが提起された。


また、今日をもって『中国への名城住宅跡地売却に反対する会』の設立が成された。暫定の代表に小池さんがご就任された。


まだうまれたばかりの組織であり、どこまでできるかわからないが、こうして運動が実を結んだことは大いなる成果であります。


私は「愛知の教育を考える会」作成の17ページに及ぶ資料を、お帰りになる際、希望される方に配布して現状認識をしていただいた。


振り返れば、2ヶ月余り前、何とか反対をと皆さんの智恵と御協力をいただきながら署名活動を推進してきた。12月の初旬からは頑張れの運動に取り上げていただき、合同での署名集計を御願いし、ついに1万人署名にまで来ることになった。無論、多くの諸団体の皆さんのご支援の賜物です。


さらに、十一月四日の櫻井先生講演会終了後に、名古屋の領事館問題をおはなしし、ご協力を御願いしたことを思い出します。新聞に取り上げていただこうと微力を注いだこと、自民名古屋市議の反対署名を御願いしたこと、岡崎市議や安城市議、日進市議などの先生方に会派の反対署名を御願いし取りまとめていただいたこと、そして陳情書の提出に賛同をいただき、明日の津島市議会での売却反対決議が通ることなど、できることを必死にやってこられたことをうれしく思います。


これからは、地域の皆さんがついてくれます。


今日は、名古屋中心の会ですが、この運動は愛知県全体、日本全体の問題でもあります。こちらの運動母体も是非整備していただき、力強く、阻止運動を進めていただきたく思います。私も微力ながら力を注いでいきたい。


かえって後、友や後輩と大いに語った。やっとはじめの一歩を今踏み出せた。今後は世論を喚起し、国を動かし法律を整備する大きな運動をおこさねばならない。聴けば同様の売却問題が新潟だけでなく広島でもおきつつあるのだという。愛知で止めねば、日本が買いあらされてしまう。不退転の決意でむかわねばならない。改めて決意した。


**



このブログ主さまは、ずっとずーっと前から、愛知県の地方議会(市/町)で「外国人参政権反対議決」「夫婦別姓反対議決」などに尽力してくださっている男性です。


ご自分のお仕事もあるのに、100%ボランティアで。
情弱地方議員1人ひとりに会って丁寧に説明して、説得して。


愛知県で「南京大虐殺映画上映会」があるって聞いて、駆けつけて反対運動したりとかもあったんだって(゚ロ゚屮)屮




本当に頭が下がります(ノд`)


【中国への名城住宅跡地売却に反対する会】


だそうです!
小池さん支援するぜ(・∀・)





>>聴けば同様の売却問題が新潟だけでなく広島でもおきつつあるのだという


これは一体なんだ?!((゚Д゚ll))
広島は子供の権利条例とかいうキチガイなこと推進中のあほ認定寸前自治体でしたね 怒!!



これからいろいろな活動がはじまるようですので、
またみなさまにご協力をおねがいすることがあるとおもいます。



おねがいするばかりで何のお礼もできず、本当に恐縮ですが‥



私のヌードでよかったら公開しますのでそれで勘弁してください
(・∀・`)
(見たくもねぇってww)



どうぞよろしくおねがいいたします。




詳細↓
http://000hime.blog74.fc2.com/blog-entry-212.html


現状(署名など)こちら↓
http://000hime.blog74.fc2.com/blog-entry-300.html





**//*****//**

関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

ひめ

Author:ひめ
保守が右翼なら右翼でけっこう(´∀`)

いまの幸せをまもりたい。
それだけです(*u_u)


**

コメントやメッセージなどたくさんいただき恐縮です、いつも励みになります。本当にありがとうございます。

情けないことに、次から次へとネタ豊富な現状に私自身、いっぱいいっぱいなところがありまして、まめな返信をすることができません。ご了承ください。

情報などたくさんいただいておりまして、目に留まったものから記事にあげておりますが、お断りなく転載させていただくことがあります。

使われたくない場合はその旨ご書き添えいただけるようおねがいいたします。


グーグルページランク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
111位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
49位
アクセスランキングを見る>>


ツイッター


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


最新トラックバック


map

無料アクセス解析


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。