ひめのブログ
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中国在住の友だちより。中国経済パンク危機の連絡が入っています。要拡散

中国の経済発展は大ウソ!!マスコミにまたやられた(≧д≦)

さいきん、中国絶賛報道すごいよね

これはどうもね‥



【日本だけ】みたい



ここから説明長いです


ゴメンネ



時間無い人は

『中国 経済 発展 嘘』

でググってください



後で、中国の経済崩壊が近いかもしれないことを


まわりの人に教えてあげて



私はぜんぶ、読みました

時間かかったー





で、まとめました




ここから長い説明



まず、大紀元という新聞社のHPから引用



大紀元:


ニューヨークに本部を置き、中国語の新聞を発行しているメディア

中国共産党の言論統制に従うことなく、同党に批判的な記事を多載

中国政府のいかなる検閲をも受けていないことを強みとしており、中国共産党政府による中国国民や気功集団「法輪功」やチベット、ウイグル等の少数民族の人権弾圧に関する問題、中国国民の中国共産党からの脱党支援活動、中国共産党のスパイ活動、中国の民主化について盛んに報じるなど、反中国共産党政府の報道姿勢に立っている





つまり、中国の本当のことを報道してる新聞





タイトル『中国:電力消費急減で鉱工業生産上昇の矛盾』



http://jp.epochtimes.com/jp/2009/06/html/d13138.html






本当は全部読んでもらいたいんだけど‥



ここには

「中国政府が発表している経済データは、矛盾していることが非常に多いと海外各界が疑念をもつようになっている」

っていう内容が書いてあります



経済データっていうのは

「GDP」だとか

「実質成長率」なんかのこと





ここから重要



■抜粋はじめ



また、国際エネルギー機関(IEA)も最新発表の「世界石油市場レポート」において、中国経済指標の信憑性に疑念を示した


同レポートによると、中国政府は1-3月期のGDP成長率が6・1%増と発表しているが、同期における中国の石油需要が前期比で3・5%減少しているほか、国内電力の需要も非常に低迷しているとし、


中国政府の発表した経済指標の信憑性が疑わしいと示した


同時に、このほど国内電力消費量を発表してきた中国電力企業聯合会が電力消費量の公表を取りやめたことで、海外各界の中国経済指標に対する疑念をさらに深めた



■抜粋おわり





中国政府の発表した

経済指標の信憑性が

疑わしいと示した





って書いてあるw(゜o゜)w





「GDP成長率が6・1%増」で

「石油需要が前期比3・5%減少」



これはつまり



超エコ産業で石油の消費が3.5%減ったにもかかわらず、


国内の総生産量は6.1%増えた



実際、GDPにはサービスの付加価値とかも入るから不可能じゃない



例えば、ハワイでエステすればそのお金も入るんだね



でもこれって‥中国のイメージ??

想像しました?!





私は、工場から煙をもくもくさせながら、大気汚染し放題で大量の工業製品を作っているのをイメージしたんだけどね





『海外各界が疑念を深めた』



っていうのはこのこと







また中国の貿易総額がまったくでたらめという話もあります



中国には輸出した製品の付加価値税を返してくれる


っていう制度(輸出戻し税)があって

中国の企業はこの戻し税をもらうために輸出額を水増ししてる



ほとんどの国営企業は輸出額を過大に設定してお金を手に入れてるんだって



みんなが輸出額をうそ申告してたら、貿易収支は黒字になっちゃう



で、このうその貿易黒字も当然GDPに加算



貿易黒字以外に個人消費や設備投資、その他も加算



中国各省から上がってくるこれらの数字は


役人の出世のために過大に申告(これは後で説明アリ)しています



中央政府がこれらの数字を合計すると

成長率が15%~18%にもなってしまう



それはさすがに怪しまれるから、


政府はこの極端な数字を適度に修正して発表





なんだそれ

ありえんでしょ‥



さすが中国







最近、マスコミの中国の持ち上げようってちょっと異様じゃない?



「中国はチベットで酷いことしてる、でも悔しいけど経済発展もしてる」って、当たりまえのように思ってなかった?





南京の事で、中国政府はしらっと数字を捏造することくらい知ってた筈なのに‥



マスコミが徹底的に真実を隠すことくらい知ってたのに‥





『中国の経済発展』

ぜんぜん、

疑ってなかった



あああ情けない





中国で記者をしていた女性、何清連さんは2005年に「中国の嘘」という本をニューヨークから出版しました



彼女は中国共産党の政治タブーに触れ、さまざまな迫害を受けて現在アメリカに政治亡命しています





『中国の嘘』から抜粋‥





「中国政府は各種デマを作ることに長じ、しかも嘘をついて恥じ入るどころか、自分は民主政治を実行していると言いふらす鉄火面ぶりである」



「中国経済は実はぼろぼろである。金融、財政、社会保険といった社会と経済の『支柱』はすべて破綻寸前である。中国が20年連続でGDPの高成長の維持という奇跡を成し遂げたと吹聴する目的は、主に良好な国際的イメージを作りあげるためであり、それによってより多くの国際資本を吸収しようとする意図があった



「中国が隠している病巣、貧困人口の増加速度が富裕人口の増加速度をはるかに上回っている。農村経済の破綻、重工業の衰退、中小都市の急激な没落、中国の持続可能な発展を支えきれない環境破壊」



「中国はGDP成長率で『ひとり勝ち』の局面にありながら、経済学的にありえないことに需要、物価、就業率といった指標は下がり続けている」



中国では各クラスの役人がみな経済成長のデータを捏造している。そしてなにより中央政府自身がそれに輪をかけた嘘の達人なのである。役人たちは毎年データを捏造する、なぜなら低すぎると出世の妨げになる。経済成長率は各クラスの役人の業績を評価する指標となる」



「数字が役人を作り、役人が数字を作る」





抜粋おわり‥





中国人口は13億って発表してるけど

1人っ子政策で戸籍が無い人も合わせれば15億はいるみたい





自分の国の人口が、誤差2億ってどうなのw





中国はまともな選挙もした事がない国



で、日本のマスコミの報道はこんな感じ



読売新聞、10月22日



「中国GDP8・9%増、景気回復鮮明に・・7~9月」



1~3月期の6・1%、4~6月期の7・9%に続いて景気の回復基調が鮮明となり、09年の成長率を8%前後とする中国政府の目標が達成される公算が強まった。



この日のテレビ



NHK

「中国政府が打ち出した53兆円の景気刺激策が、効果を発揮し続けている、先進国のどこの国もいまだ不況を脱していない状況で途上国である中国がいち早く抜け出て世界をリードし始めた」と絶賛



報道ステーションでのコメンテーター

「ここまで中国が経済発展し、人民元が強くなれば、鳩山首相の提唱している「東アジア共同体」を作って人民元と円を共通通貨にする必要がありますね!」とくそ真面目に語ってました







長くなりましたが、結論



ここまでマスコミが中国絶賛報道するっていうことは

それだけもう中国経済がパンクしそうっていうことじゃない?!




実際、中国在住の友だちからはかなりヤバいとの連絡が届いてます!



中国はいまや世界中で一番厄介な、危険で信用が無い国

信用の無い国で膨れた経済は砂上の楼閣です





もし万が一、

この友愛政権中に中国バブルが崩壊したら。。。



移民1000万人どころのさわぎじゃないよね‥

外国人参政権‥どうなるんだろうねぇ(;д;)





日本海を泳いで渡ってくる難民を、友愛ボートでお出迎え?w



『世界のいのちをまもる!!』



早急な拡散を、

どうぞよろしくおねがいします。



**//*****//*****//*****//**



参考文献



http://kkmyo.blog70.fc2.com/?mode=m&no=522


http://yaplog.jp/joeui/archive/221


http://siitake.hida-ch.com/e145253.html


http://blog.livedoor.jp/columnistseiji/archives/50800143.html


関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

ひめ

Author:ひめ
保守が右翼なら右翼でけっこう(´∀`)

いまの幸せをまもりたい。
それだけです(*u_u)


**

コメントやメッセージなどたくさんいただき恐縮です、いつも励みになります。本当にありがとうございます。

情けないことに、次から次へとネタ豊富な現状に私自身、いっぱいいっぱいなところがありまして、まめな返信をすることができません。ご了承ください。

情報などたくさんいただいておりまして、目に留まったものから記事にあげておりますが、お断りなく転載させていただくことがあります。

使われたくない場合はその旨ご書き添えいただけるようおねがいいたします。


グーグルページランク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
68位
アクセスランキングを見る>>


ツイッター


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


最新トラックバック


map

無料アクセス解析


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。