ひめのブログ
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■日中遺棄化学兵器処理問題が復活


尖閣諸島だけに惑わされてはいけない

拡散依頼です。

最後原文を載せますので、原文を転載していただけるかたは参考にしてください(´∀`)


[結論]

■尖閣諸島問題騒ぎの裏で、
 民主党が中国へ莫大な金を垂れ流している。

[経過]


①日中遺棄化学兵器処理問題

戦争で日本軍が中国に大量の化学兵器を放置してきた。
ジュネーブ条約により、これは日本が掘り起こして処理する義務があった。

*証拠なし。中国は調べさせず。


②2006年5月

『正論』6月号に水間政憲さんの論文が掲載
「遺棄化学兵器は中国に引き渡されていた」

⇒①の化学兵器を日本が処理する必要がない証拠が提示


③2009年1月24日
日中遺棄化学兵器処理問題終結

麻生内閣は、中国へ最大60兆円払うはめになりそうだった日中遺棄化学兵器処理問題を終わらせた


④2010年9月2日
朝日新聞社報道
「旧日本軍遺棄の化学兵器、廃棄始まる。中国・南京」

http://www.asahi.com/international/update/0902/TKY201009020005.html

17111.jpg


抜粋はじめ **//**



旧日本軍が中国に放置した毒ガスなどの遺棄化学兵器を廃棄する作業が中国江蘇省南京で始まった。

中国国内に約40万発あるとされる遺棄化学兵器を日本政府の責任で爆破処理する。

1年程度かけて南京の約3万6千発を廃棄。
他の都市にも広げていく方針。

1997年に発効した化学兵器禁止条約により、日本が資金を出し専門家を派遣して廃棄することが決まっている。

平岡秀夫・内閣府副大臣
「(中国での処理事業が)発掘・回収から、廃棄という新たな段階を迎えた」


抜粋おわり **//**




ずっと調査もさせないで証拠も無いのに日本の化学兵器だと押し付けられ、
毎年数億使って中国軍の後片付けをさせられてた。

水間さんが調べあげ、証拠を出し、
麻生内閣が中国へ話をつけ、約60兆円を守った。



それをミンスが蒸し返し、
『日中遺棄化学兵器処理問題終結』をさもなかったように動いとるということ。



2010年8月23日
内閣府による、遺棄化学兵器処理事業参与(非常勤一般職国家公務員)募集
http://job.lvgod.com/bbs/tokyo/1281995244

171.jpg


抜粋はじめ **//**



[依頼人]
内閣府大臣官房遺棄化学兵器処理担当室

[ブログ(HP)]
http://www8.cao.go.jp/jinji/saiyo/sonota/20100813_iki.pdf

[応募締切日]
2010-8-23

[給与額]
日額17,200円~21,700円

[勤務期間]
採用日から平成24年3月31日まで(予定)

[仕事内容]
中国に遺棄された旧日本軍の化学兵器を廃棄処理する事業を行っています。


抜粋おわり **//**




・・・・・((゚Д゚ll))



勘弁しろよまじでヽ(`Д´)ノ!!


くそやろうどもはしんでくれ( ノД`)



戸井田とおる先生
「民主党にも解っている人がいた筈なのにどうしたんだろう?」




これが、民主党なんですよ。

「民主党の中にもいい人はいる‥」とか言う人!!

いませんから!
100%、おらん(`Д´)







この件に関して、
抗議例文や抗議先などは後ほど作成しますorz

(閣僚かわってますしね(*ノノ)

とりあえずこの滅茶苦茶な事実の拡散のご協力をおねがいいたします
(*u u)ペコリー



以下拡散依頼の転載です


転載はじめ **//**



【拡散お願いします】

尖閣諸島問題で、中国政府が日本に恫喝を続けている問題について。
事の発端は、9月7日の台風明けの�鶸デイでした、

なぜ9月7日だったのでしょう?

中国側の報道をチェックする為に中国大使館のホームページを見ていると、遡る事3日前、新着情報に
「日本政府,中国に遺棄された化学兵器の廃棄作業を正式開始」との記事が目にとまった。
http://www.china-embassy.or.jp/jpn/xwdt/t737591.htm

これは、従来行われていたODAに変わり、日本の新たな財布として中国が主張してきたものだ。

この問題については近年浮上し政府も人道的立場から条約を結び、遺棄された化学兵器の費用負担だ、しかし実態は電力がないから発電所を立てろ、道路が無いから整備しろと無尽蔵な金の無心をしてくると以前から指摘されていた。

しかし最近の調査により旧日本軍の武器の引継書が発見され、雑誌「正論」[SAPIO]などでも取り上げられ、遺棄は中国側でなされたものとして、決着の付いた問題だと理解してきた。


しかし中国と日本政府サイドは、某兵器商社の○田洋行も参入して、水面下で着々と侵攻してきたのです。

そして問題の9月4日に化学兵器を廃棄処理する作業を正式にスタートさせた。


この問題が表面化すると日本における世論はどうなるか、中国サイドも反発が予想されるのを察し、尖閣問題に目を向けさせる為、台風の中を船を尖閣突入させる荒業に出たのでしょう。


この行為により、中国国内でのナショナリズムの高揚、更に世界へのアピール、そして遺棄問題の目くらましと、この問題に対する有無を言わせぬ恫喝である。


今まで何故、台風の中でと腑に落ちない点がやっとすっきりとした。

中国政府は2重3重の搦め手で日本を狡猾に揺さぶり続けている。

Xデイの意味が明らかになったのではないでしょうか?

内閣府、遺棄化学兵器処理担当室の中国出張から帰国登庁は21日です、
然るべき報告を問わねばなりません。

尖閣だけに目を向けていると足元をすくわれてしまいかねない分岐点が今なのです。



転載おわり **//**



参照)

日中遺棄化学兵器処理問題終結
2009/01/24 -水間政憲
http://freejapan.iza.ne.jp/blog/entry/885407/

遺棄化学兵器処理問題
-戸井田とおるの丸坊主日記
2010/09/02
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/blog-entry-706.html

遺棄化学兵器の国会質問動画
2006/5/12 -戸井田とおる
http://jp.youtube.com/watch?v=J079a20yiRs

遺棄化学兵器の国会質問動画
2006/10/27 -戸井田とおる
http://jp.youtube.com/watch?v=JkPJaan4tl0

【内閣府】遺棄化学兵器処理事業参与募集要項
http://job.lvgod.com/bbs/tokyo/1281995244






***//*****//***
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

ひめ

Author:ひめ
保守が右翼なら右翼でけっこう(´∀`)

いまの幸せをまもりたい。
それだけです(*u_u)


**

コメントやメッセージなどたくさんいただき恐縮です、いつも励みになります。本当にありがとうございます。

情けないことに、次から次へとネタ豊富な現状に私自身、いっぱいいっぱいなところがありまして、まめな返信をすることができません。ご了承ください。

情報などたくさんいただいておりまして、目に留まったものから記事にあげておりますが、お断りなく転載させていただくことがあります。

使われたくない場合はその旨ご書き添えいただけるようおねがいいたします。


グーグルページランク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
120位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
58位
アクセスランキングを見る>>


ツイッター


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


最新トラックバック


map

無料アクセス解析


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。