ひめのブログ
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■豪雨により三峡ダム貯水量が許容範囲オーバーしそ


昨夜から、やたら"三峡ダム"という文字列が目についてました。


ググってみる。


[三峡ダム]

次候補

三峡ダム 崩壊
三峡ダム 地震
三峡ダム 地図
三峡ダム 完成
三峡ダム 時限爆弾
三峡ダム 倒壊

次に続くのが
[水漏れ][亀裂]・・・


おいおいおいおい。


三峡ダムって観光地じゃなかったか?

うちの両親、船で観光へ行ってたよ♪
(中国へは二度と行かないとぶちギレで帰国しましたがwww)



で、調べてみると。。。


三峡ダムの上流で大雨が降り続き、過去最大貯水量更新中。

http://news.xinhuanet.com/society/2010-07/20/c_12350159_2.htm


三峡ダムへ流れ込みむ水量は毎秒6~7万トン。
ひめのブログ-dam1
7月20日、ダムから毎秒7万トンの放水
→26秒で東京ドームが一杯になる量w

(いままで大雨でも毎秒1万5千トン程度の放水しか経験してない。)




重慶では20万人避難勧告。
現在水没状態。


過去最大とされた1954年、1998年の洪水被害よりも大きく、


1億人が被災
死者・不明者1000人超。



お友だちに教えてもらった、お気に入りのスピリチュアルサイトがあります(´∀`)
そこでこんなのを読んだのを思い出しました。



『天皇陛下に中国人が無理やり会ったという無礼が、天界の神様たちの逆鱗に触れた。今年、中国へ向けて送られるはずのパワー(運?エネルギーだったかな?)はゼロにすることが決まった。』


神さまたちが会議してるの?ww
ってウケたから覚えてますw


でこの記録的豪雨が起きたのかな??( ´艸`)



豪雨により三峡ダム貯水量が許容範囲オーバーしそうってことです。
こんなカンジ。
ひめのブログ-dam2


三峡ダムの貯水量は393億トン。黒部ダムの200倍以上。


ここに、工業・生活排水‥で汚染されまくった水が貯まってる。

大腸菌群とか、人血吸虫とかもうようよしてるってよ(*ノノ)キモすぎ!!




三峡ダムと同じ大きさという琵琶湖⇒淀川の標高差をみると、、、


琵琶湖の場合、淀川を60キロあがった南郷の洗堰地点で85メートルの標高である。


長江の場合、1800キロメートルあがった三峡ダム地点で標高66メートル。



淀川は長江よりもかなり急流ってこと。
長江は、ひらべったい平原を流れる河ってこと。



もし琵琶湖が大雨で決壊したとしても、急流なので一気に流れ落ち、琵琶湖盆地が被害をうけるけどすぐ海につながる。


三峡ダムの場合。

あふれた水がさらに下流へ流れていき、南京や上海なんかも飲み込んでいく。

(写真参照。真ん中の赤いのがダム。ダムよりも右側はぜんぶ低い土地が広がってる。)

ひめのブログ-chizu


それも、汚い水がどくどく流れてくる。
コンクリート製のダムの残骸とか、
大量のぶくぶくに膨れた死体とか(-人-)



日本の九州西岸や、南西諸島に
津波と一緒に押し寄せるかもしれません((゚Д゚ll))



気象庁HP
平成22年 07/22 00時
中国の三峡ダムに台風3号が近づく可能性有り。





難民船とか。。
絶対に、やめてもらいたいですね!!!



まぁ私的には、
三峡ダム決壊で少々痛み被っても、
シナやら半島が壊滅してくれるならまぁ仕方ないかな~(´∀`)



三峡ダム建設のとき、
世界中が討論したらしい。

日本は、見て見ぬふり。



「作れるもんなら作ってみろや。
どーせ、決壊する欠陥品しか作れんに決まってる。」

↑かもね~ヾ(´∀`)ノ


実際、いま修復不可能なひび割れだれけらしいです。
【分相応】ということばを知らないと、こういう目に遭うんですね~
こわいこわい。





■参考URL

*三峡ダム崩壊の序曲?

*中国データベース>三峡ダム

*三峡ダム区で地質上の問題5386カ所…巨大な水圧原因


**//*****//*****//**
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

ひめ

Author:ひめ
保守が右翼なら右翼でけっこう(´∀`)

いまの幸せをまもりたい。
それだけです(*u_u)


**

コメントやメッセージなどたくさんいただき恐縮です、いつも励みになります。本当にありがとうございます。

情けないことに、次から次へとネタ豊富な現状に私自身、いっぱいいっぱいなところがありまして、まめな返信をすることができません。ご了承ください。

情報などたくさんいただいておりまして、目に留まったものから記事にあげておりますが、お断りなく転載させていただくことがあります。

使われたくない場合はその旨ご書き添えいただけるようおねがいいたします。


グーグルページランク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
174位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
80位
アクセスランキングを見る>>


ツイッター


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


最新トラックバック


map

無料アクセス解析


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。