ひめのブログ
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タイ王国の反政府デモの黒幕も中国共産党


タイ王国の反政府デモ

201.jpg

赤いシャツを着ているタクシン派は、1日1000バーツで雇われてデモしてます

彼らが持っている武器は中国からの援助という噂も



そもそもタクシン派は中国系

王政を廃止するのが狙いの様子‥



黒幕は【中国共産党】



2001年、ネパール王政が廃止された。


ネパール王政を廃止に追い込んだのは

【ネパール共産党毛沢東主義派】



奴らは、平和なネパール王国に人民解放軍を作って内戦を起こし

結果的に『ネパール王国』が『ネパール国』になった



アジアで残る王制は日本の天皇制だけ。。。



いま東南アジアはあちこちで混乱が起きてます。



インドでは今月、

【インド毛沢東主義派】が警官75人を殺害



ミヤンマーに至っては、ヤンゴンから何故か中国国内に遷都。その首都も中国系企業が建設中



東南アジアの命となっているメコン川はいま渇水中‥

困ってる人がたくさんいます。



原因は中国がヒマラヤから来る水をダムによってせき止めてるから。

そもそもヒマラヤはネパールだけどね(-д-)



タイ周辺の国は、共産中国からの援助と引き換えに、圧力を受けてます。

ミヤンマーやスリランカは共産中国の「海軍基地」を造らせてます。



タイはデモが起こっているのではない。
王政を廃止すべく、中国の侵略が始まってる。



■分かりやすい動画

中国の膨張に晒される周辺諸国
関岡英之‥王室の廃絶

http://www.nicovideo.jp/watch/sm10337392

【ネパールの近代史、超抜粋】

*1991年

5月12日複数政党制による30年ぶりの総選挙。ネパール会議派が勝ち、ギリジャ・プラサド・コイララが首相に。


*1996年

ネパール共産党毛沢東主義派(マオイスト)が王制を打破すべく、「人民戦争」を開始。(ネパール内戦)


*2001年

マオイスト、正式に人民解放軍を創設。

ネパール王族殺害事件。

ギャネンドラ国王が王位につく。議会停止。

以後、国王・議会・マオイストによる混乱状態。

実質的には武力のない議会に力はなく国軍を掌握する国王派とマオイストによる内戦が続き、政府支配地域とマオイスト支配地域に分かれる。

ネパール制憲議会が招集され、新たな政体を連邦民主共和制と宣言して正式に240年間続いた王制に終止符を打つ。


ギャネンドラ国王退位。


ギャネンドラ前国王、王宮を退去



*2009年

ネパール共産党毛沢東主義派とネパール共産党統一センター・マサル派が合同し、ネパール共産党統一毛沢東主義派(統一毛派)となる。

王室を讃える国歌の廃止

王室と結びついたヒンドゥー教は国教としての地位を失った




タイがいま、酷似した道をたどっています・・・


小沢一郎は中国で

【中国人民解放軍の司令官】と宣言してきてますね。


いいですか?

東南アジアで現存する王制は、日本だけです。



**//**


クウリット・プラモート元タイ首相

『12月8日を忘れるな』

日本のおかげで、アジア諸国はすべて独立した。

日本というお母さんは難産して母体をそこなったが、

生まれた子供たちはすくすく育っている。

今日、東南アジアの諸国民が米国と対等に話ができるのは誰のおかげか。

それは身を殺して仁をなした日本というお母さんがあったためだ。

12月8日は吾々にこの重大な思想を示してくれたお母さんが一身を賭して重大な決意をされた日である。

吾々はこの日を忘れてはならない。

**//**



こんなに親日の国を、助けることができません。


日本に軍があれば、台湾もネパールもミヤンマーも、守ってあげることができたかもしれない。


私たちの先祖が戦った日中戦争は間違ってなかった。

もっと徹底的に壊滅させておくべきだったのかもしれないと思います。


***//*****//***
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

中国は目の前の小さな島台湾でさえ戦争しても
何十年も勝てなかった。
ベトナムとの戦争では撤退して負けている。
まごまごしてると国内の暴動で1極独裁の共産党は敗北してソ連のように分裂国家になるだろう
そうなれば国土は半分以下経済も昔に返るだろう。習近平は悪代官のような顔をしているので
暴動は起こしやすいだろう。めでたしめでたし
【2012/09/20 19:04】 URL | 名なしさん #aIcUnOeo[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

ひめ

Author:ひめ
保守が右翼なら右翼でけっこう(´∀`)

いまの幸せをまもりたい。
それだけです(*u_u)


**

コメントやメッセージなどたくさんいただき恐縮です、いつも励みになります。本当にありがとうございます。

情けないことに、次から次へとネタ豊富な現状に私自身、いっぱいいっぱいなところがありまして、まめな返信をすることができません。ご了承ください。

情報などたくさんいただいておりまして、目に留まったものから記事にあげておりますが、お断りなく転載させていただくことがあります。

使われたくない場合はその旨ご書き添えいただけるようおねがいいたします。


グーグルページランク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
107位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
48位
アクセスランキングを見る>>


ツイッター


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


最新トラックバック


map

無料アクセス解析


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。